ブラジリアンワックスのデメリット

ブラジリアンワックスのデメリットとは?

デリケートゾーンのお手入れの仕方として有名なのがブラジリアンワックスですが、実際にはいろいろなデメリットがあります。
まず、永久脱毛ではないという点です。
1回ブラジリアンワックスで自己処理をすると、その状態をだいたい1ヶ月程度保つことができるといわれていますが、一度で、または何度か繰り返すうちにムダ毛がなくなるといったものではなく、定期的に繰り返し行わなければならないので手間がかかります。
また、アンダーヘア特有の悩みですが、いつでもお手入れできるというわけではないというのもデメリットですね。
たとえば生理中や生理前後などのお肌が敏感な時期に行うと痛みを強く感じてしまったりしますので、注意が必要です。
こういったことから、他の脱毛方法よりも気軽に行えないというデメリットが出てきてしまいます。

 

さらに、脱毛の際の方法も、ムダ毛を一気にたくさん抜くということになるので、痛みがあります。
我慢できるほどなのか、我慢できないほどの痛みなのかという点については、個人によってそれぞれ違うのでなんともいえませんが、痛みを全く感じないということはないでしょう。
他にも、皮膚が再生する際に埋没毛といって毛が皮膚に埋もれてしまうというトラブルになってしまうこともありますので、これも大きなデメリットと言えますね。
埋没毛は他のトラブルへと発展してしまうこともありますから、その点が心配な方は特にブラジリアンワックスでの脱毛は避けたほうが無難です。

ハイジニーナはこのクリニックで!

ハイジニーナについて

実際の施術について